アレルギー専門医への道

ここではアレルギー専門医を取得するまでの道のりを解説します。

はじめに
日本アレルギー学会が認定するアレルギー専門医の資格は、小児科医にとって自分がアレルギーを専門としていることを示すことのできる唯一の資格です。今後小児アレルギーを専門としていくのであれば、ぜひ専門医取得を目指しましょう!

まずは以下のプレゼンテーションをご覧ください。



アレルギー専門医認定資格

  1. 医師免許を持っていること
  2. 5年以上の期間、日本アレルギー学会の会員になっていること
  3. 内科、小児科、耳鼻咽喉科、皮膚科、眼科など基本領域の学会の専門医資格の認定を受けていること
  4. 6年以上の臨床経験があり、このうち3年間は日本アレルギー学会認定教育施設で臨床研修を受けていること※
  5. 最近の5年間で診療したアレルギー疾患患者40名分の診療実績書を提出すること
  6. 最近の5年間でアレルギー学会の業績単位(学会などで出席・発表するともらえる単位)が50単位以上あること
  7. 専門医資格認定試験(筆記)に合格すること
解説
  1. 医師免許は当然必須です。
  2. まず、5年以上日本アレルギー学会の会員になっている必要がありますので、アレルギー専門医取得を目指す方はすぐにでも学会員になりましょう。
  3. 基本領域の学会専門医を取得している必要があります。まずはそちらを取得しましょう。
  4. 現在、新潟県内のアレルギー学会認定施設は新潟大学病院第二内科(内科で登録)のみです。この規定だと大学病院の第二内科で3年間研修を積まなければいけないことになります。このため、新潟のように認定施設がほとんどない地域の医師のために特例(救済措置)が設定されています。→後述
  5. 診療実績書の40例は年齢・性別・診断・治療を2行程度の文章にまとめる簡単なものです。40例のうち代表的な2例は詳細なサマリが必要になります。
  6. どの学会・研究会で何単位の業績単位がもらえるのか日本アレルギー学会ホームページで確認できます。本学会だと出席で10単位もらえます。
  7. 筆記試験は結構難しいです。基礎(各種細胞の働き、サイトカイン等々の知識)と臨床が半々くらいの比率です。
特例について
専門医・指導医が少ないor 不在の地域では特例として以下の方法があります。
  1. 認定教育施設2 年間の研修 + 集中研修(相模原臨床アレルギーセミナー)を1 回受講または日本アレルギー学会が主催する教育セミナー(春・夏)を3 回受講する(春・夏それぞれ1 回以上受講する)  新潟県内の小児科医が専門医取得するためにはこの方法が理想です
  2. 準認定教育施設3 年間の研修 + 集中研修(相模原臨床アレルギーセミナー)を1 回受講または日本アレルギー学会が主催する教育セミナー(春・夏)を3回受講する(春・夏それぞれ1 回以上受講する)  平成25年8月から立川綜合病院が準認定施設に指定されました。今後準認定施設が増えてくれば新潟県内の研修だけで取得できるようになるかもしれません。
  3. 指導医または専門医の下で外来見学実習(診療所も可)を10 時間以上受講する+ 集中研修(相模原臨床アレルギーセミナー)を1 回受講 + 日本アレルギー学会が主催する教育セミナー(春・夏)を3 回受講する(春・夏それぞれ1回以上受講する)  アレルギーセミナーと教育セミナーがほとんどフル参加になりますが、認定施設での数年間の研修が免除されるのでこの方法もありかもしれません。
新潟県でアレルギー専門医資格を取得するためには県外の認定施設に3年間以上お世話になるか、上記特例を活用するしかありません。受験資格を得るまでが大変ですが、アレルギーが専門領域であることを示す唯一の資格です。みなさん頑張って取得しましょう!